不動産取引を知ろう

窓

最近では、様々な不動産の取引があります。一戸建て住宅を購入したりマンションなどで部屋を借りるなども不動産関係の取引となっています。そのため、幅広い不動産取引について知っておく必要があります。

Read more »

相続税と不動産

プールのある庭

現在の日本では不動産も資産とされていて、多くの方が利用するようになっているので遺産相続などの際に大きく関わってきます。相続税などを考えると相続不動産売却などをしっかりと考えておきましょう。

Read more »

不動産の鑑定を

建物

日本の土地はとても狭いですが、その価値は非常に高いです。しかし、土地の価格は国の経済状況などによって大きく変わってくるのでそれを鑑定する不動産鑑定をする方がとても重要な役割と持っています。

Read more »


不動産取引するなら

家

アナタの家が高く売れるチャンスですよ!福岡でマンション売却をするなら高く買取ってくれる業者を探すと良いでしょう。オススメを紹介します。

不動産物件を購入するときには、その物件の所有者から購入するものですが、本当にその物件を所有しているかの確認を疎かにしないでください。 不動産物件を売買するときに、その所有者から購入するとういことは当たり前のように思えるかもしれませんが、実はそんなに当たり前のことではないのです。 土地や建物には、名前が記されているわけではなく、表札に名前が記されていたとしても、それでその不動産物件が、その人の所有物であると証明できるものではありません。 不動産物件の売買をした後で、その物件の所有者は別にいたなどといったトラブルは、よくあることなので、しっかりとした確認が必要です。 この確認を怠ると、その不動産物件を手に入れることが出来ないばかりか、支払ったお金も失ってしまう可能性もあります。

そういったトラブルを避けるためにも、取引相手が購入予定の不動産物件の本当の所有者であるのかを確かめなければいけません。 確かめる方法としては、不動産登記簿と公図を確認することが必要になります。 不動産登記簿は、物件の所在地や所有者、面積などを記しているもので、その物件の所在地を管轄している法務局、または、地方法務局やその支店などに保管されています。 この、不動産登記簿は希望すればどなたでも確認することが可能で、必要ならば謄本や抄本を発行してもらうことも出来ます。 公図は不動産登記簿では分からない、物件の詳しい形状や、周りの道路などとの位置関係など細かな点まで詳しく記載されています。 取引をするときには、取引相手が本当の所有者かどうかの確認と、説明された通りの物件なのかを確かめてから売買契約を結ぶようにしてください。

仲介手数料にかかる出費を抑えたいのであれば、こちらをチェック!保土ヶ谷区の不動産で仲介手数料無料な会社ですよ。

引越しを考えているなら、マイホームの購入を検討してみませんか。仲介手数料無料のお店はこちら。色んな取引き実績を持っているので安心です。